Grab

Grab はUber の東南アジア版と理解すると分かりやすいかと思います。
(UberはGrabに、東南アジアでの事業を売却(同時にGrab株の27.5%を取得)して撤退しました。)

ただ、仕組みや利用方法はとてもよく似ています。

■Grab 利用方法
Grab のアプリをダウンロード

現在地の入力/確認(GPS機能で自動取得可能)

目的地の入力

支払い方法の確定(クレジットカードや現金など)

ドライバーの情報(車のナンバー、評価、到着時間)を確認

乗車

目的地到着(現金払いの場合のみ、その場で支払い)

かなり簡単かつ確実です。

料金は混み具合によって異なりますので、Taxiと比べ常に安いという訳ではありませんが、乗車時に目的地までの料金が確定している点は、Taxiと違い安心です。

最近では、相乗りも選べるようになっています。
その場合、料金は割安になりますが、(ドライバーの到着時間含め)所要時間が多少長くなるかもしれません。

個人的には、既にヘビーユーザー化しています。

シェアリングエコノミー全般にいえますが、日本でも規制が緩和されて、同様の使い勝手とサービスが実現してくれることを願ってます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です