アジア地域での調査・分析

シンガポールをハブとしながら、アジア地域において、さまざまな実態調査・分析を実施しています。

アジア地域における市場調査 <調査地域:シンガポール>

※シンガポールにて、生活者の実態調査を実施しました。<調査地域:シンガポール>

 

【調査概要】

.調査の対象:シンガポール在住者
(18 - 34才:51.71% 35 - 54才:46.34% 55才以上:1.95%)

2.調査の方法:WEBアンケートによる調査方式

3.有効回答数:205名(男性:女性=50.2%:49.8%)

 

【調査結果】

 

Q1.好きな料理店の種類について、次の1〜6をランク付けして下さい。(ランキング形式)【n=205】<調査地域:シンガポール>

【カフェ/ビストロ・カジュアルダイニング・ファインダイニング・ファストフード・フードコート/ホーカーセンター・バフェ(食べ放題)】

 


【調査コメント1】

シンガポール在住者に、食事をする際、好んで行くお店の種類につき、ランキング形式で調査したところ、1位が「カジュアルダイニング」、次いで「フードコート・ホーカー」 という結果が得られました。
経済成長著しく、物価水準・可処分所得が急激に増加(一人当たりGDPは日本以上)しているシンガポールにあっても、いわゆるフードコート/ホーカーが、 依然高い人気を維持している実態を表しています。

 

Q2.食事をするお店を決める際に、重要視するポイントについてご回答下さい。(複数回答)【n=205】<調査地域:シンガポール>


 

【調査コメント2】

シンガポール在住者に、食事をするお店を決める際に、重要視するポイントについて調査(複数回答)したところ、「価格」95.12%と、「味」93.66%に関し、大多数(9割以上)の人が重要視しているという結果が出ました。
これは、「量」50.24%、「お店の雰囲気」48.92%と比べても圧倒的で、いかに価格と味が重要かを表す結果となっています。

 

 

 

【引用・転載時のクレジット表記について】

 

 本リリースの引用・転載は、必ずクレジットを明記していただきますようお願いいたします。

 <例>「アジアリサーチ総研」が実施した調査結果によると・・・

 

 

上記調査のローデータにつき、以下よりダウンロードしていただけます。

※クレジット表記をお願いいたします。

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】

 

 アジアリサーチ総研(シンガポール)

 シニア・リサーチャー(日本窓口):青木隆明

 350 ORCHRD ROAD #19-06 SHAW HOUSE SINGAPORE 238868
 お問い合わせはこちら

 

 

Copyright(c) 2015 Asia Research Institute in Singapore. All Rights Reserved.