アジア地域での調査・分析

シンガポールをハブとしながら、アジア地域において、さまざまな実態調査・分析を実施しています。

アジア地域における市場調査 <調査地域:シンガポール>

※食事に関しての調査を実施しました。<調査地域:シンガポール>

 

【調査概要】

.調査の対象:シンガポール在住者
(18 - 34才:51.71% 35 - 54才:46.34% 55才以上:1.95%)

2.調査の方法:WEBアンケートによる調査方式にて実施

3.有効回答数:205名(男性:女性=50.2%:49.8%)

 

【調査結果】

 

Q1.食事の観点から、行きた地域について、次の1〜6の国をランク付けして下さい。(ランキング形式)【n=205】<調査地域:シンガポール>

【バリ・香港・バンコク・韓国・日本・台湾】


【調査コメント1】

シンガポールにて、食をテーマに、行きたい旅行先(国)をランキング形式で調査したところ、「日本」が1位、「韓国」が2位という結果になりました。
食を中心に、旅行先としても日本人気は高いということを裏付ける結果となりました。

 

Q2.上のQ1でイメージした各国の料理は、シンガポール国内でも食べることはできますか?(単数回答)【n=205】<調査地域:シンガポール>

 

【調査コメント2】

Q1の質問に出た国の食べものについて、シンガポールでも食べられるかどうか調査したところ、83.41%の人がイエスと回答。
多国籍国家のシンガポールだけあって、各国の料理が食べられる環境は整っていると感じているようです。

 


Q3.シンガポール国内で食べられる各国の料理は、本場と比べてどうですか?(複数回答)【n=205】<調査地域:シンガポール>

 

【調査コメント3】

Q2の各国料理の味について、シンガポールのお店の再現性について調査したところ、1位の「ある程度」35.6%と、2位の「本場に近い」28.7%を合わせて64.3%と、過半数を上回る結果となりました。

国際国家シンガポールでは、本格的なもの~庶民向けにアレンジされたものまで、様々なグレードの各国料理を食することができる一方、3人に1人は、本場と比べ不満足感を抱いているのも事実のようです。

 

【引用・転載時のクレジット表記について】

本リリースの引用・転載は、必ずクレジット表記(およびサイトの場合はリンク)
していただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

Copyright(c) 2015 Asia Research Laboratory in Singapore. All Rights Reserved.